サークル概要

「アフリカと日本の架け橋となる」を目標に、ルワンダコーヒーの輸入・販売を
手がける東京外国語大学の学生団体です。
UCC経由で日本に届いた豆を私たちの手で袋詰めし、販売しています。
このコーヒーを通じて、多くの人にアフリカを感じてもらいたいと考えています。

 活動内容

1. より当事者に近い立場でありのままのアフリカへの理解を深める
架け橋となるためには、まずは私たちがアフリカを知らなければならない。メディア等によって作られた、世間一般的なバイアスのかかった「アフリカ」像を捨て去り、ありのままのアフリカの姿を理解する必要がある。そのために、団体内でのルワンダ勉強会やコーヒー勉強会を通して、アフリカに関する偏りのない理解を深める。

2. より多くの日本人がアフリカに興味をもち
ありのままのアフリカを理解する機会を提供する

世界でも認められた高品質のコーヒーを学生が仲介し、日本に届けることで、日本の消費者にとって「遠い存在」であるルワンダを身近に感じて頂き、アフリカに興味を持って頂く。また、コーヒー事業以外でも、より多くの人がアフリカに興味を持てるようなイベントを催す。

 サークルツアー

 サークル情報詳細

所属人数25
主催大学東京外国語大学
代表者氏名
サークル種別文化系サークル
公式サイト http://femmecafe.com/
Twitter https://twitter.com/femmecafe
Facebook https://www.facebook.com/FemmeCafe/