サークル概要

(1)部会について

週に一度、金曜17:00から2時間くらいの部会を開いて評論をしています。
決して難しい議論をしているわけでも、それを目標としているわけでもありません。
各々が持っている知識と考えを、部会の場で交換しようというくらいの感じです。
事前知識が必要になる場合は各自宿題として資料を読んできてもらうこともあります。(たいていみんなやってこない)

(2)工大祭について
東工大では年に一度、「工大祭」という学園祭が開かれます。
工業大学なのでその多くを理系の企画が占めるのですが、評論クラブの企画はかなり異色で文系チックなヤツです。
具体的には、毎年1つのテーマを決め、それに沿ったポスターを展示したりそれをまとめた部誌を配布したりしています。年間の活動の多くがこれに向けた準備になります。
去年のテーマは未来予想だったのですが、生命倫理やAR/VR、宇宙や政治など、様々な分野の未来を予想して考察しました。

(3)普段の部室
部会の無い日でもたいてい部室には部員がいます。
真面目に大学の勉強をしたり、世界情勢について日々議論を重ねたりしています。

嘘です。
十中八九、部室ではテレビゲームが行われています。
テレビゲーム以外にも、部員でパーティゲームをやったり、テレビを見たり、ボードゲームをやったり、一緒に宿題をやったり、タコパしたり、なかなかアットホームな感じが普段の様子です。

 活動内容

(1)部会について

週に一度、金曜17:00から2時間くらいの部会を開いて評論をしています。
決して難しい議論をしているわけでも、それを目標としているわけでもありません。
各々が持っている知識と考えを、部会の場で交換しようというくらいの感じです。
事前知識が必要になる場合は各自宿題として資料を読んできてもらうこともあります。(たいていみんなやってこない)

(2)工大祭について
東工大では年に一度、「工大祭」という学園祭が開かれます。
工業大学なのでその多くを理系の企画が占めるのですが、評論クラブの企画はかなり異色で文系チックなヤツです。
具体的には、毎年1つのテーマを決め、それに沿ったポスターを展示したりそれをまとめた部誌を配布したりしています。年間の活動の多くがこれに向けた準備になります。
去年のテーマは未来予想だったのですが、生命倫理やAR/VR、宇宙や政治など、様々な分野の未来を予想して考察しました。

(3)普段の部室
部会の無い日でもたいてい部室には部員がいます。
真面目に大学の勉強をしたり、世界情勢について日々議論を重ねたりしています。

嘘です。
十中八九、部室ではテレビゲームが行われています。
テレビゲーム以外にも、部員でパーティゲームをやったり、テレビを見たり、ボードゲームをやったり、一緒に宿題をやったり、タコパしたり、なかなかアットホームな感じが普段の様子です。

 サークルツアー

 サークル情報詳細

所属人数15
主催大学東京工業大学
代表者氏名長谷川 翔紀
サークル種別文化系サークル
公式サイト http://hyoron.futene.net/
Twitter
Facebook