サークル概要

年間を通してパフォーマンスを始めとした様々なサークルや団体から依頼を受け、ステージ演出を行っています。また、個人や企業からの依頼を受けて大学外でイベントの演出をすることもあります。映像、音響、照明といった幅広い機材を有し、日々その技術を皆で研究しています。その他にも、映像制作やアナウンスといった活動もあり、卒業生にはアナウンサーとしてご活躍されている先輩方もいます。

 活動内容

私たち早稲田大学放送研究会は1000以上あると言われている早稲田大学のサークルの中で最大規模を誇ります。

主な活動は大きく分けて以下の2つです。


1.映像・音響・照明の機材、アナウンスの技術を用いた活動

早稲田内外の様々な団体の依頼を受け、それぞれのニーズに合わせたオペレーション(※)や、MCを担当しています。
代表的な例として野球の早慶戦があり、運営スタッフの一員として会場での音響とMC嬢を担当しています。
また、毎年11月に行われている早稲田祭は特設ステージでのオペレーションを委託されており、映像・音響・照明・アナウンス(MC)に至るまであらゆる力を発揮する機会でもあります。


2.コンテンツ制作・企画立案

他団体の公演やイベントのサポートを請け負うだけではなく、放送研究会では自分たちで企画を立案し、コンテンツを発信しています。
映像コンテストへの出品なども盛んに行っています。
過去には、制作部のチームがNHK全国大学放送コンテストのドキュメンタリー部門で優勝した経験もあります。
また、制作した番組を発表する場として、例年6月と12月に「番組発表会」というイベントを行っています。
具体的にはゲストによる漫才や大喜利などのお笑い企画、ダンスなどのパフォーマンス企画などを立案し、自分たちでオペレーションも手掛けています。
そして早稲田祭では特設ステージにおいて、芸能人やお笑い芸人をお招きして企画を行っています。
企業からのご協賛をいただき、大きな規模の企画を立案、運営しています。

早稲田大学放送研究会は今年で創立68年を迎えました。
長い歴史の中で培われてきた機材知識や制作能力、アナウンス技術は、会員が増えた今でも衰えることなく受け継がれています。
放送研究会の更なる発展のため、会員ひとりひとりが主体的に活動しています。



※1 映像・音響・照明などの機材を操ることを「オペレーション」と呼んでいます。
※2 MCは「Master of Ceremony」の略で、イベントなどの司会者やキャスターのことです。

 サークルツアー

 サークル情報詳細

所属人数600
主催大学早稲田大学
代表者氏名
サークル種別技術・工業系サークル
公式サイト http://www.whknet.com/
Twitter https://twitter.com/whknetnow
Facebook