サークル概要

初のインカレ出場。念願のリーグ戦順位決定戦進出。

昨年は、輝かしい功績を残せた年でした。一年前に比べて、確実にチームの力は伸びました。



けれど私たちは満足していません。インカレでは全く歯がた立たなかったし、リーグ戦では1部リーグの厳しさを感じる試合が多いのは変わっていません。もっと力をつけて、自分たちのやりたいホッケーをして試合を楽しみたい。その思いで練習に励んでいます。



勝って結果を残すことは大切です。けれど、練習したことが試合で成功したり、格上の相手に自分たちのホッケーができたりしたときの感動と喜びは言葉にできないほど大きく、格別です。それらを求めて、試行錯誤を繰り返しながら練習しています。結果は自ずとついてくるでしょう。



この前提の上での今年の私たちの目標は、

・リーグ戦で一部6位以上に入ること

・インカレに出場して京大らしい試合をすること

の二つです。



精一杯頑張りますので、よろしくお願い致します。

 活動内容

京大ホッケー部女子の歴史

2012年度 京大男子部マネージャーだった水原萌が、ホッケーは未経験ながらも女子部設立を決意。友人の藤原弥純をキーパーに迎え入れ、二人で女子部を立ち上げる。
練習は、男子部の練習の隅っこでパスをするくらいしか出来ない。

2013年度 春、新歓に奮闘するも新入部員はゼロ。二人での活動が続く。水原は、他チームに混ざって6人制の試合に出るなど少しずつホッケー経験を積む。

2014年度 春、新歓リベンジ。6人にまで部員が増える。その後、何度か部員編成が変わるものの、最終的にプレーヤー6人、マネージャー1人に落ち着く。6人制の大会に出場。

2015年度 6人の新入生が入部し、全員で13人に。その後2回生に新入部員が入り、14人で初の大学リーグ戦に出場。1勝2敗、関西女子下位リーグ4チーム中3位という結果で終わった。

2016年度 7人の新入生が入部し、全員で19人に。春季大学リーグ戦、夏のインカレ予選、秋季大学リーグ戦に出場。創始者の水原萌の引退試合ともなる秋季リーグ最終戦では、目標にしていた関西大学に勝利することができた。

2017年度 夏のインカレ予選で3位入賞し、創部以来初めてのインカレ出場を果たす。秋季リーグでは、9位決定戦でSO戦の末、同志社大学に勝利し、春季リーグ9位から順位を上げ8位となった。

 サークルツアー

 サークル情報詳細

所属人数19
主催大学京都大学
代表者氏名柴谷佳弥
サークル種別体育会系サークル
公式サイト http://kuhockeygirls.wixsite.com/kuhockeygirls
Twitter
Facebook