▼はじめにご挨拶

はじめまして。私たちはカンボジアの小学校で運動会を開催している学生団体FUMIDASUです。この団体は大学生20人前後で活動していて、発足してから4年間、毎年の夏休みにカンボジアの小学校に訪問して日本で行われている運動会を開催しています。体育教育が行われていないカンボジアの小学校にみんなで協力して何か行うことの大切さ、楽しさ、緊張感を一緒に味わいたい!という思いから運動会を行ってます!

▼このプロジェクトで実現したいこと

私たちの活動理念は
『運動会を通して、カンボジアに幸せ溢れる時空間を』です。
私たちはただ運動会を開催するのではなく、
言葉はわからなくとも、
より多くの子供たちと笑い、一緒に楽しさを共有し、忘れられないような幸せ溢れる空間を作ることに力を注いでいます。

≪現地の小学校に運動会を定着させ、多くの方に今のカンボジアを知ってもらいたい!》

具体的にはFUMIDASU が運動会をしたことで学校の行事として取り入れもらうことや、子供が運動会の種目の何かを遊びとして行なってくれるようになったりしてもらいたいです!日本では現地の小学校で行なった運動会の写真を写真展などを開いて多くの方に活動を知ってもらいたいと考えています!

▼プロジェクトをやろうと思った理由

きっかけは大学の授業でした。
現在、カンボジアの小学校では体育の授業はほとんどの学校で行われておらず、
学校は完全に〈 勉強するための場所 〉で、
日本のように学校全体で行事をしたりすることはありません。
そこで、私たちはこれまで当たり前のように経験してきた、みんなで何かすることの楽しさ、スポーツをすることの楽しさ、緊張感や興奮をカンボジアの子供達と一緒に作り上げたいと思いました!

体育のないカンボジアでスポーツの楽しさを伝えるとともに、私たちにしか出来ない、いつもとは違う特別なさ楽しさ、「非日常的空間」をカンボジアの子供達と作り上げるため、【運動会を通して、カンボジアに幸せ溢れる時空間を】を理念にカンボジアで運動会を行なっています!

▼これまでの活動

来年の活動で5年目を迎え、今までに5校の小学校に訪問させてもらいました。(うち4回訪問させてもらっている小学校もあります。)
私たちが過去に訪問した小学校はカンボジアの中でも都市の方で、体育教育も行なっている学校もちらほらありました。ですが都市部から離れた農村部では全く体育教育が行われていないという話を聞いて、昨年農村部のポイペトという地域の小学校に訪問しました。

▼資金の使い道

⚫︎競技に使う道具
(毎年競技が異なるので確定は出来ない。)

⚫︎装飾等

⚫︎現地移動費、道具移動費など

▼最後に

多くのカンボジアの子供達にしあわせな空間を届けられるように全力で運動会に取り組んでいます!
そして私たちをとおして、多くの方にカンボジアのことを知ってもらい、カンボジアのことに関心を持ってもらうことが私たちに出来るカンボジアの子供達への援助です。
よろしくお願いします!

応援する